投稿をTwitterに連動させるWordPressプラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」

WordPressでの投稿時にTwitterに連動させるプラグインを紹介します。

電話番号認証済みのTwitterアカウントを持っている」ことが前提条件です。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster とは?

WordPressのTwitter連動プラグインはたくさんあるのですが、アイキャッチ画像も一緒に連動できるのがこのプラグインの優れている点ですね。

上がアイキャッチ画像なし、下がアイキャッチ画像ありのパターンですが、アイキャッチ画像がある方が目を引きますよね。

nextscripts-social-networks-auto-poster10

それでは、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の設定方法を見ていきましょう。

Twitterアプリケーション登録

事前準備として、Twitterアプリケーションへ登録する必要があります。

https://apps.twitter.com/

リンク「sign in」をクリックします。

nextscripts-social-networks-auto-poster

Twitterのログイン情報を入力してください。

nextscripts-social-networks-auto-poster2

ボタン「Create New App」をクリック。

nextscripts-social-networks-auto-poster3

アプリケーションの情報を入力して、チェックボックス「規約に同意」にチェックを入れます。

入力する項目は以下の通り。

  • Name・・・アプリケーションの名前(なんでもOK、日本語可)
  • Description・・・アプリケーションの説明(なんでもOK、日本語可)
  • Website・・・導入するWordPressのURL
  • Callback URL・・・導入するWordPressのURL

nextscripts-social-networks-auto-poster4

Twitterアプリケーションの登録は完了です。続いて、Twitterアプリケーションの設定を行っていきます。

「読み取り」 & 「書き込み」権限

自動書き込みの権限は自分で書き込む代わりに、Twitterアプリケーションに書き込んでもらうイメージです。

Twitterアプリケーションには権限があって、「読み取りだけ」を許可する設定、「書き込み」と「読み取り」を許可する設定、「書き込み」と「読み取り」と「ダイレクトメッセージ」を許可する設定の3種類あります。

今回は、Twitterに「書き込み」の権限を与えてあげれば良いので、「書き込み」と「読み取り」を許可する設定を行っていきます。

設定場所は、タブ「Permissions」 > 「Access」 > チェックボックス「Read and Write」 > ボタン「Update Settings」

nextscripts-social-networks-auto-poster5

アクセストークン取得

続いてアクセストークンを取得します。

タブ「Keys and Access Tokens」 > Token Actions > ボタン「Create my access token」

nextscripts-social-networks-auto-poster8

これで必要な情報は揃いました。タブ「Keys and Access Tokens」に

  • Consumer Key (API Key)
  • Consumer Secret (API Secret)
  • Access Token
  • Access Token Secret

の情報が揃っていることを確認してください。

nextscripts-social-networks-auto-poster14

ダウンロード & インストール

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 検索「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」 > 「今すぐインストール」 > 「有効化」

nextscripts-social-networks-auto-poster11

設定 > 「{SNTP}Social Networks Auto Poster」 > ボタン「Add new account」

nextscripts-social-networks-auto-poster12

Add New Network > ダイアログボックス「Twitter」

nextscripts-social-networks-auto-poster15

先程登録したTwitterアプリケーションの情報を入力していきます。項目を見比べながらコピー & ペーストで入力していくといいでしょう。

  • Account Nickname・・・任意の文字列
  • Your Twitter URL・・・TwitterのプロフィールURL
  • Your Twitter API Key・・・Consumer Key (API Key)
  • Your Twitter API Secret・・・Consumer Secret (API Secret)
  • Your Access Token・・・Access Token
  • Your Access Token Secret・・・Access Token Secret

チェックボックス「Attach Image to Twitter Post」にチェックを入れると、画像も一緒に投稿されるようになります。

入力が完了したらボタン「Update Settings」を押します。

投稿テスト

これでTwitterに関する設定は完了です。実際に投稿をテストしてみましょう。

投稿タイトルとアイキャッチ画像を設定して投稿してみました。

nextscripts-social-networks-auto-poster18

Twitterのタイムラインを覗いてみると、上手く連動されているのが分かりますね。

nextscripts-social-networks-auto-poster19