WordPressの過去記事をTwitterやFaceBookに自動投稿できるプラグイン「Revive Old Post」

WordPressの過去記事をTwitterやFaceBookに自動投稿できるプラグイン「Revive Old Post」を紹介します。

「Revive Old Post」ってなに?

WordPressで投稿した過去記事をSNSに自動投稿してくれるプラグインです。

以下のSNSが対象です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin
  • Xing(有料)
  • Tumblr(有料)

XingやTumblrは有料ですが、日本人に馴染みのあるTwitter、FaceBookは無料なので、特に問題はないかと思います。

投稿の時間間隔を設定できるので、1日に何回投稿したいかによって時間間隔を設定すると良いでしょう。

ダウンロード & インストール

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 検索「Revive Old Post」 > 有効化

revive-old-post

SNS登録

WordPress管理画面 > Revive Old Post > Revive Old Post > タブ「Accounts」

revive-old-post3

それぞれのSNSのボタン「Add Account」から追加していく形です。

Twitterと連動

ではまずTwitterの「Add Account」をクリックしてください。以下のページ「Tweet Old Postにアカウントの利用を許可しますか?」に遷移します。

revive-old-post2

連携したいTwitterのアカウントを入力してボタン「連携アプリを認証」をクリック。これで、Twitterの認証は完了です。

FaceBookと連動

続いて、FaceBookの「Add Account」をクリックします。すると、以下のような「Facebook App ID」と「Facebook App Secret」の入力を促される画面が表示されます。

revive-old-post4

FaceBookは、Twitterのようにボタンを押したら完了というわけではなく、事前にこれらの値を取得するためのデベロッパー登録が必須です。

Facebook App ID」と「Facebook App Secret」については長くなるので、別の記事にまとめました。参考にして取得してください。
Facebookの「App ID」と「App Secret」を取得する方法

値が取得できたらfacebook for developersで値を確認して入力し、ボタン「AUTHORIZE APP」をクリックします。
https://developers.facebook.com/apps/

投稿権限

どういった権限でFaceBookに投稿するか確認されます。

投稿の公開範囲はどうするか?誰でも見れる状態にするために「公開」が良いでしょう。

revive-old-post5

FaceBookページへの投稿してもよいか?

revive-old-post6

FaceBookページが存在する場合はどちらに投稿するか?ウェブサイト用のFaceBookページは用意しておいたほうがいいですね。
FaceBookページを作成する方法

revive-old-post7

Twitter、FaceBookの認証が完了すると以下のような見栄えになります。

revive-old-post8

投稿設定

最後に投稿の設定でよく使う項目を確認していきましょう。

タブ「General settings」

revive-old-post9

Minimum interval between shares

投稿間隔の設定です。

0.4といった分刻みの間隔かから1~24の時間刻みで設定できます。1時間に一回投稿してほしいなら「1」と設定すればOKです。

Minimum age of post to be eligible for sharing

何日前からの投稿を対象にするか。

デフォルトは「30」ですが、これは30日より前に投稿した記事を対象に自動で投稿しますよといった設定です。

Maximum age of post to be eligible for sharing

逆に、何日までの記事を対象にするか。

デフォルトは「0」で、これは制限しないという設定です。あまりに古い記事は投稿したくない場合は、「1,000」(約3年くらい)などの日数を指定すると良いでしょう。

Number of Posts to share

一度に何記事投稿するか。

Post Type

投稿対象となるポストタイプです。post以外を選択するには有料になります。

Exclude/Include Specific Categories

含める対象のカテゴリーを選択できます。特に除外したカテゴリーがある場合は設定しておくと良いでしょう。

Select image size

画像のサイズを設定できます。ただし有料版のみ設定が可能です。

タブ「Post  Format」

revive-old-post10

Post Content

投稿する内容を設定できます。基本はタイトルだけで十分です。

Length

投稿文字数。

Twitterの制限に合わせて最大140文字です。

Additional Text

投稿に追加するテキスト。

例えば「【過去記事】」と入力すると、

「タイトル URL」

「【過去記事】タイトル URL」 といった作りにできます。

Additional Text At

先程「Additional Text」で設定したテキストを文頭か文末のどちらに設定するかを選べます。

Include Link

リンクを含めるかどうか。含めない理由はないでしょう。

Hashtags

投稿に加えるハッシュタグを指定できます。

Post with Image

投稿に画像を含めるかどうか。こちらは有料版のみの設定になります。

投稿確認

実際にどんな投稿がされるかをプレビューできます。

設定画面の下の方にあるボタン「SEE SAMPLE POST」をクリックしてください。

revive-old-post11

連動しているTwitterとFaceBookでどのように投稿されるかを確認できます。

revive-old-post12

ボタン「SHARE NOW」をクリックすると実際に投稿されますので、本当に投稿されるか確認してみるといいでしょう。