Bash on Ubuntu on Windowsをインストールする!

Windowsに「Bash on Ubuntu on Windows」を導入する方法について。

Windows Subsystem for Linux(Beta)のインストール

Windowsの左下にあるWindowsマークを右クリック

bash-windows

「プログラムと機能」を選択

bash-windows-2

「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

bash-windows-3

「Windows Subsystem for Linux(Beta)」にチェック

bash-windows-4

マウスを重ねると「ネイティブなユーザーモードのLinuxシェルおよびツールをWindowsで実行サービスと環境を提供します。」と説明してくれます。

「OK」ボタンを押すとファイルのインストールが始まります。

完了したら再起動してください。

開発者モードの有効化

設定画面を開く

右下のウインドウボタンをクリックして「設定」ボタン(歯車アイコン)をクリックします。

bash-windows-5

更新とセキュリティ

「更新とセキュリティ」を選択します。

bash-windows-6

「開発者向け」を選択

bash-windows-7

「開発者モード」にチェック

bash-windows-8

「開発者モードは普通に使うよりはリスクが高まりますよ」と警告がでます。問題なければそのまま進めてください。

bashのインストール

黒い画面を触っていきます。コマンドプロンプトを起動してください。

Ctrl + R → 「cmd」入力 → Enter

bash-windows-9

「bash」と入力

bash-windows-10

最初は、

  • ユーザー名
  • パスワード

の設定が求められますので、入力していきましょう。

こちらのユーザー名とパスワードはbash用に設定するものですので、Widowsで普段ログインしているアカウントと同じである必要がありません。好きな値を設定しましょう。

これで設定は完了です!

あとの設定は次に色々と記載してますので、「Bash on Ubuntu on Windows」に色々と導入したい方は参考にしてください。

→ http://hani-wordpress.biz/archives/388